人生100年時代を元気で生活するために知っておくべきこと

かかりつけの歯医者を持つ理由とよい歯医者の選び方

かかりつけの歯医者を持った方がよい理由

幼児検診からかかりつけの歯医者に診てもらうと子どもの歯の状態を継続してわかるので丁寧な磨き方指導を受けられます。また、定期的に歯医者に通うことができ、しっかりと歯磨きができているか専門家から評価してもらうことができます。万一歯磨きに問題があれば、歯石を取ってもらったり磨き方の助言をもらうこともできます。このように常に歯のメンテナンスを心がけることで、生涯認知症や合併症の心配を軽減してくれます。歯並びに関しても幼少期から行う方が負担がかかりません。
急に歯が痛み出したりといったトラブルが発生したとしても、かかりつけ医ならば口の状態を把握しているので治療までのプロセスを丁寧に説明し治療に臨むことができるので安心です。
かかりつけの歯医者は、健康長寿に欠かせない存在なのです。

よい歯医者の選び方

歯医者に行って、「いつまで治療が続くのだろう」とか「こんなはずではなかった」といった経験はありませんか。こんなことにならないようによい歯医者を選ぶことはとても重要です。
よい歯医者を選ぶポイントの一つは口コミです。家族や友人、会社の上司や同僚が勧めるところを参考にして選ぶのがよいでしょう。
2つめのポイントは、電話で予約したときにきちんと相談に乗ってくれるかどうかです。自分の受けたい治療や歯の状況を伝えて、どういった治療が受けられるかきちんと説明してくれる医者は信用できます。患者の話をよく聞いて最適な治療方針を決め、医療プランを説明してもらうことで、前述のような心配が解消されるのです。
自分の体を大切に扱うことが、一生つきあっていく医師を選ぶことにつながるのです。